肌がボロボロと粉を噴く

サイトマップ

今人気のクレンジングを検証!ランキング形式でご紹介♪

Home > スキンケアについて > 肌が粉を噴いたようにはがれてくる

肌がボロボロと粉を噴いたようにはがれてくる悩みには

秋から冬にかけては気温と湿度がぐっと下がり、肌の水分が奪われやすくなってしまいます。

加えてその寒さを防ぐために暖房の効いた部屋に長時間いると、さらに空気が乾き乾燥肌になってしまう方が増えます。
肌がかさついたり、突っ張る感じが気になってしまう方は乾燥肌に近付いているサインです。

そんな症状を感じたままケアを怠りそのままにしておくとやがて顔から粉がふいたようにボロボロと剥がれ落ちてきてしまいます。
これらの症状は粉ふき肌と呼ばれ、化粧をしていても粉をふいてしまうのでそれが悩みとなっている方もいらしゃると思います。


この白い粉は皮膚の角質細胞が乾いて剥がれてしまったもので、乾燥肌の象徴とされています。

乾燥肌の人が粉ふき肌になってしまうのはうるおいを維持して蒸発を抑える皮脂が少ないために、水分を表皮にとどめてく力が弱まってしまっているのが原因だとされています。

熱いお風呂につかりすぎたり、石鹸で顔を洗いすぎたりしても顔の水分は失われてしまいやすくなります。


そんな中で粉ふき肌を治すためにもっとも大切なのは肌の保湿です。

洗顔や入浴の後には化粧水や美容液でしっかりと水分を与えてあげ、乳液やクリームなどの油分でしっかりとその水分にふたをします。 そして、日ごろから肌に良いとされているビタミンAやCを多くとるようにしましょう。
加湿器で部屋の湿度をあげて乾燥させないことや、紫外線に当たらないように気をつけるのも一つの手です。

うるおいが不足している素肌のスキンケアコスメ